社会科概論 【レポート】 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数2,343
ダウンロード数160
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会科概論 レポートです。(A評価)

    この資料は、レポート作成の参考として役立頂きたく存じます。
    ※わかりやすく論じています。

    ※他にも格安で、【レポート】・【科目最終試験解答】・【教員採用試験対策】を公開していきます。
    資料一覧(無料)はコチラ→http://www.happycampus.co.jp/docs/956194442948@hc10/77221/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『本テキストで述べる社会化授業の基本構造について説明し、平成20年版学習指導要領における社会科の教科目標との関連を考察しなさい。また基本構造に基づく社会科授業のあり方について、幾つかの理論に触れつつ具体的な授業事例を挙げて説明しなさい。』
     現行の学習指導要領におけるキーワードは「生きる力」である。社会科の授業において子どもの「生きる力」が育つということは、その子なりの問題解決力が高まると同時に社会を見る目(その子なりの概念)が育つことである。その意味では、児童の生活に結びついた問題解決的な学習を組織するとともに、単元で押さえるべき一般的・説明的・法則的知識(概念)を構造化しておくことが大切である。
    社会科の授業構想にあたっては、「授業の構造」「方法原理」を充分理解し社会科の目標や本質を熟考した上で、「学習形態」「学習活動」を柔軟に取り入れていくことが望ましい。以下それぞれについて簡単に述べたい。
     まず、「授業の構造」である。授業では、1単元ないし1時間で設定した目標に到達することが求められる。教師は、目標に到達させるために教材を媒介にして児童へと働きかける。一方、児童は自主的に教..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。