教育相談の研究 【レポート】 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,343
ダウンロード数47
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育相談の研究 レポートです。(A評価)

    この資料は、レポート作成の参考として役立頂きたく存じます。
    ※わかりやすく論じています。

    ※他にも格安で、【レポート】・【科目最終試験解答】・【教員採用試験対策】を公開していきます。
    資料一覧(無料)はコチラ→http://www.happycampus.co.jp/docs/956194442948@hc10/77221/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。』
    現在、生徒指導上の諸問題にはいじめ、不登校、暴力問題、学級崩壊等様々なものが挙げられる。さらに、学校内だけでとどまらず、インターネットを使った中傷、嫌がらせ等、教師が気付きにくいような問題も増えてきており「生きる力」の要素である「豊かな人間性」が侵害されている。
    これらの問題の原因の一つとして、家庭の教育力の低下が進んでおり、基本的な生活習慣や態度ができていないと考える。家庭は子どもの人格形成に一義的な責任を持つ。現代社会の中では、都市化の進展や核家族化の進行など、子どもを取り巻く社会環境の著しい変化の中で、教育機能の低下やしつけの不徹底といった緊急な課題が叫ばれてれている。このような子供たちは学校の組織の流れに乗ることが出来ず、心理的に不安定な状態であることが多い。このような子ども達を個別的に援助するためにも、カウンセリングは有効な手段であると考える。
    カウンセリングを大別すると、治療的カウンセリングと発達援助的カウンセリングの二種に分けられる。治療的カウンセリングは専門的カウンセリングと言い換えることも出来、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。