教育心理学 第1+2設題セット 【レポート】 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数16
閲覧数1,319
ダウンロード数114
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育心理学 レポートです。(A評価)
    第一・二設題セットです。

    この資料は、レポート作成の参考として役立頂きたく存じます。
    ※わかりやすく論じています。

    ※他にも格安で、【レポート】・【科目最終試験解答】・【教員採用試験対策】を公開していきます。
    資料一覧(無料)はコチラ→http://www.happycampus.co.jp/docs/956194442948@hc10/77221/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『適応・不適応の心理的機制、またそれらから引き起こされる特徴的行動について説明せよ。』
     主体としての個人が、その欲求を満足させようとして、環境の諸条件と調和するためにとる行動や態度の調整を「適応」と呼ぶ。「適応」とは、個人と環境との相互作用において、両社の間に何らかの一致ないしは調和の状態がある場合をいう。具体的には、要求、欲求、欲望、願望、動因、衝動、熱望、そして動機などである。以下、「適応」の様態に関したものについて述べていきたい。
     まず、「動機づけ」である。行動の原動力となる内的状態を「動機(または動因)」と呼び、その行動を喚起する刺激を「目標(または誘因)」と呼ぶ。「動機」によって人間や動物が「目標」に向かって、ある種の行動に駆り立てられる心理的な作用を「動機づけ」と呼ぶ。以下、「動機づけ」を引き起こす様々な「動機」について具体的に見ていきたい。まず、生理的動機である。生理的動機は外的報酬を得ることによって解消する。生理的動機の中には、ホメオスタシス性動機、性動機、母性動機などがある。次に、内発的動機である。内発的動機は、活動それ自体が報酬となるような動機である。次に、社会..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。