教育社会学 【レポート】第1+2設題セット A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数16
閲覧数1,252
ダウンロード数124
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育社会学 レポートです。(A評価)
    第一+二設題セットです。

    この資料は、レポート作成の参考として役立頂きたく存じます。
    ※わかりやすく論じています。

    ※他にも格安で、【レポート】・【科目最終試験解答】・【教員採用試験対策】を公開していきます。
    資料一覧(無料)はコチラ→http://www.happycampus.co.jp/docs/956194442948@hc10/77221/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。』
     「学歴社会」と聞くと私は窮屈な思いを抱く。何かこどもが勉強に縛られ、子ども達の(勉強に対する)自由な発想に制御を掛けているかのような印象を持ってしまうのは私だけであろうか。このような印象を受ける人たちがいたからこそ今日、声を大にして叫ばれている「ゆとり教育」が始まったのである。しかし、今述べているように「学歴社会」に嫌悪感を示しているわたしたちであるが、そのイメージだけで非難し、実際の「学歴社会」そのもののシステムを理解してないのではないかと感じる。私はその内容を十分に熟知してから賛否の声を上げるべきであると考える。以下、学歴社会について詳しく述べていきたい。  まず、学歴社会の定義付けとして、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」と考えられる。上記の定義としては、学校での成績が優秀な者が一流大学に進み、その後、一流企業などに進出し、日本の将来を担う人材であるかのような表現だと考えられる。ただ、根底にあるものを考えると、学..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。