学校教育課程論 【レポート】 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数2,493
ダウンロード数67
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    学校教育課程論 レポートです。(A評価)

    この資料は、レポート作成の参考として役立頂きたく存じます。
    ※わかりやすく論じています。

    ※他にも格安で、【レポート】・【科目最終試験解答】・【教員採用試験対策】を公開していきます。
    資料一覧(無料)はコチラ→http://www.happycampus.co.jp/docs/956194442948@hc10/77221/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめなさい。』
     学校教育は、教育の目的や目標を設定し、それを達成するように意図的・計画的に行われている。そして、学校教育を円滑に行うために、教育の目的や目標を達成するための計画を立てる必要がある。それが教育課程、あるいはカリキュラムとよばれるものである。「学校において編成する教育課程とは、学校教育の目的や目標を達成するために、教育の内容を児童の心身の発達に応じ、授業時数との関連において総合的に組織した学校の教育計画であると言えよう。」『小学校学習指導要領解説総則編(平成11年、平成16年一部補訂)』もちろん、この中には教科のみならず、教科外の活動も含まれる。日本の学校教育における教育課程は、このように制定されている。指導要領の内容を左右するのは、「見る・聞く・話す」を中心とした「経験主義」か「読み・書き・計算」を中心とした「系統主義」のどちらを重視するかである。
    では、ここで教育課程の基準の変遷について述べていこう。まず、戦後の学習指導要領制定以前であるが、カリキュラムや教科書の制定は生徒の興味から出発すべきで、国家..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。