家庭科教育法 【レポート】新教科書 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,985
ダウンロード数56
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    家庭科教育法のレポートです(A評価)。

    新テキストの内容に沿っており、他からの文献の引用はありませんが、テスト対策の資料としても使用できるのではと思います。参考に是非!

    ※他にも格安で、【レポート】・【科目最終試験解答】・【教員採用試験対策】を公開していきます。
    資料一覧(無料)はコチラ→http://www.happycampus.co.jp/docs/956194442948@hc10/77221/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設 題
     (1)新しい小学校学習指導要領家庭科の示す学習内容A~Dについて、今あなた自身が実践できているか述べなさい。(2枚程度)
     新学習指導要領の示す学習内容は、大別してA「家庭生活と家族」、B「日常の食事と調理の基礎」、C「快適な衣服と住まい」、D「身近な消費生活と環境」の4項目である。以上の点を踏まえ、新学習指導要領の示す学習内容と、現行指導要領の目標との違いを見た上で、今、私自身が実践出来ているかを述べたい。
    新学習指導要領の目標では、「衣食住などに関する実践的・体験的な活動を通して、日常生活に必要な基礎的・基本的な知識及び技能を身に付けるとともに、家庭生活を大切にする心情をはぐくみ、家族の一員として生活をよりよくしようとする実践的な態度を育てる。」(小学校新学習指導要領家庭科)とある。現行指導要領との違いは2つある。①「関心を高める」の部分が「心情をはぐくむ」と改められ、家庭生活を大切にする心情を重視するようになったこと。②「家族の一員として生活を(よりよく)しよう…」と「よりよく」という言葉が入り、目的が明確になったこと。この2点である。改訂された部分は、現在の課題をもと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。