生活科において伝承遊び及び家事労働を扱う教育

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数130
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育大学の生活科のレポート及び卒業論文にお役立てください。《小学校 伝承遊び》についてです。他にも多数レポートを公開しております。
    よろしくおねがいします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2章 生活科における伝承遊び及び家事労働
    第1節 生活科において伝承遊びを扱う教育的価値
    第1項  遊びを扱う価値
    1.遊びの効果にみられる教育的価値
    従来「遊び」の「指導」を中心的に取り上げてきたのは,幼児教育である。幼児にとって「遊び」は生活そのものであり,身体を使っての「活動」は子どもの成長・発達上において重要な意味をもつ価値的概念として考えられてきた。1)小学校教育では「遊び」をとりあげてもそれが指導の中心になることは少なかった。2)
    しかし,生活科では「遊び」を真正面から取り上げることとなっている。その理由は,石川(1994)が次のように述べている。3)
    「遊び」を生活科で取り入れた理由は,単に低学年のカリキュラム構成の原理としての合科的・総合的学習活動を重視する観点からとらえられたり,低学年の子どもの認識形成の手だてとして「遊び」や活動を重視することだけにあるのではない。これまでの長い学校教育の歴史の中では,なじみの薄かった「遊び」をあえて生活科の中に取り入れた理由・意義は,今日の幼児や低学年児童に欠落しがちな自発性・積極性を育てることによって,知的・情緒的・社会的発達を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。