世代間交流活動の動向と今日的課題

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数17
閲覧数68
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育大学の生活科のレポート及び卒業論文にお役立てください。《小学校 伝承遊び》についてです。他にも多数レポートを公開しております。
    よろしくおねがいします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1章 世代間交流活動の動向と今日的課題
     
    本章では,米国で体系化が進められている「世代間交流プログラム」を中心に,世代間交流活動の概念やその動向について明らかにしていく。
    第1節 世代間交流活動の性格
    第1項 世代間交流プログラムと世代間交流活動の意味
    「世代間交流プログラム」とは,米国で体系化が進められているIntergeneration Programを日本語に訳したものであり,「交流」(interaction)ならびに「交換」(exchange) という解釈が包含されている。また, 娯楽的・行事的な一過性イベントと区別して,継続性を有する体系的・組織的に展開される活動を指している。
    一方,「世代間交流活動」とは,日本の事例を扱うときに使われるものであり,イベント型の一過性の活動と学校や施設において継続的・体系的に展開される活動の両方の内容が含まれている。したがって,「世代間交流プログラム」と「世代間交流活動」は活動形態の捉えによって区別されることがある。1)
    第2項 世代間交流活動の定義
    草野(2004)は,世代間交流について「子ども,青年,中・高年世代の者がお互いに自分達の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。