国語科教育法 科目最終試験 2014年度出題付

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数14
閲覧数592
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年最新版 科目最終試験の国語科教育法S0616(H2111)の過去問の解答です。
    覚えやすいように要点を押さえて同じ文言や、簡単な文を繰り返し使用して構成しています。また、高得点が取りやすい覚えやすいよう過去の問題も掲載しています。また、2013年以前の問題も参考になるよう掲載しています。
    テスト対策やレポート作成の参考にもなると思いますので、是非!!

    ※他にも格安で、【レポート】・【科目最終試験解答】・【教員採用試験対策】を公開しています。
    資料一覧はコチラ→http://www.happycampus.co.jp/docs/956194442948@hc10/77221/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0616(H2111)平成26年度 国語科教育法 試験対策(2014年度版)
    国語科教育法は、毎年問題が変更される傾向にあり、難易度が高い教科であると思われがちだが、要点を捉えて論じるとそう難しい教科ではない。つまり、覚えるというよりは内容を大まかにつかんでおくと、どんな問題でも答えることができる教科である。以下の内容を参考にして対策してもらえればと思う。(旧年度の問題も参考程度に巻末に記載あり。)
    1 テキストに示された「書くことの授業」について、次の①②③の項目に分けて記述しなさい。項目ごとに改行し、1行あけること①書くことの学習課程、②文章の種類、③低学年の指導、について実際の国語科の授業と重ねて段落構成に留意して記述しなさい。
    2 テキストに示された「国語教育の意義」について、次の①②③の項目に分けて記述しなさい。項目ごとに改行し、1行あけること①人間とことば、②言語文化と言語生活、③国語科教育と国語教育、について実際の国語科の授業と重ねて段落構成に留意して記述しなさい。
    3 テキストに示された「国語科教育の構造」について、次の①②③④の項目に分けて記述しなさい。項目ごとに改..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。