国語科教育法 【レポート】A判定 S0616

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数628
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    国語科教育法のレポートです(A評価)。

    新テキストの内容に沿っており、他からの文献の引用はありませんので、テスト対策にお使い頂けると思います。
    ご参考に是非!

    ※他にも格安で、【レポート】・【科目最終試験解答】・【教員採用試験対策】を公開していきます。
    資料一覧(無料)はコチラ→http://www.happycampus.co.jp/docs/956194442948@hc10/77221/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設 題
     ⇒「新たな時代を拓く国語科教育を具現化するための方法」を複数挙げ、それぞれを展開するにあたって留意しなければならない事柄について考察を図りなさい。その際、国語教育の意義、国語科教育の構造及び今日的課題を踏まえると共に、三領域一事項全てにふれること。
    国語教育の意義
    国語教育の意義を考察していく。人間が生きていく際には情報を交流する最も広く使われる「ことば」がある。そのことばを学ぶ体制を整えることは必須であり、小学校の段階から将来の社会を支えていく子どもに授けることは本当に重要である。だからといって、国語教育を学校だけに任せるのではなく、教育現場と家庭・地域とで連携・協力をし、体制を整えていくことが大切であると考える。やはり、ことばは子どもを取り巻く環境の多くで使われるものであるからである。
    国語科教育の構造
    国語科教育の構造については、まず学習行動における目標がいかに重要であるかを認識しなければならない。目標は学習活動において頂点に位置づけられるものである。学習指導要領の「国語」における目標をみると、思考力、判断力、表現力その他の能力を育むと共に、個性を生かす教育を実践してい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。