理科概論 【レポート】A評価 S0614

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,524
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    理科概論のレポートです(A評価)。

    新テキストの内容に沿っており、他からの文献の引用はありませんので、テスト対策にお使い頂けると思います。
    ご参考に是非!

    ※他にも格安で、【レポート】・【科目最終試験解答】・【教員採用試験対策】を公開していきます。
    資料一覧(無料)はコチラ→http://www.happycampus.co.jp/docs/956194442948@hc10/77221/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設 題
     ⇒生物は環境の変化の中で常に適応しながら生きているが、ある条件下では生物の数は増加したりまた減少することについて述べよ。
     地球上において陸上、土壌中、そして水中等のいずれにも同種または異種の生物が多く集って生きている。そしてこれらの生物は親から遺伝子DNAと共に受け継がれていく。その間、周囲を取り巻いているいろいろな条件に支配され、その環境に適応したものが生き残る。そして同時に生物自体もそれらの条件に作用する。生態系ではいろいろの生物は互いに関係しあって生きているが、生物が環境に働きかけて環境を変えることを環境形成作用と言う。また環境が生物に与える影響を環境反作用と言う。反作用によって変化した環境は再び生物に作用して、環境反作用がおこる。生物と環境は常に作用と反作用を繰り返している。これら相互に関係しあう一つの系を生態系といい。これらは時間と共に変化していく。
     生物が生活するためには色々と多くの環境要因が関係しており、これらの要因の一定の限度内で生存している。しかし、一方で生物体の構造や機能を変えることにより環境の変化に対応する場合もある。生物が本来の姿、性質に基づきなが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。