美術概論Ⅰ 佛大【レポート】 A評価

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数920
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    美術概論Ⅰのレポートです(A評価)。

    新テキストの内容に沿っており、他からの文献の引用はありませんので、テスト対策にお使い頂けると思います。
    ご参考に是非!

    ※他にも格安で、【レポート】・【科目最終試験解答】・【教員採用試験対策】を公開していきます。
    資料一覧(無料)はコチラ→http://www.happycampus.co.jp/docs/956194442948@hc10/77221/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設 題
    図画工作科の学習指導において、「楽しい授業」、「わかる・出来る授業」は、どのようにして構築されるのか、自分なりに両者を定義づけて述べなさい。その際、手段的美術教育論およびそれへの批判との関連づけを行うこと。』
     学習指導要領の図画工作科の目標として、「表現及び鑑賞の活動を通して,感性を働かせながら、つくりだす喜びを味わうようにするとともに、造形的な創造活動の基礎的な能力を育て,豊かな情操を養う」と記されている。この中で『つくりだす喜びを味わうようにする』とあるが、低学年では図工が好きな児童の方が多いにもかかわらず、学年が進むにつれて図工が嫌いと答える児童の数は増加していく傾向にある。また、中学校でも美術をあまり好きではないと答える生徒が増え、さらに成人になると美術に対して苦手意識を持っている人の割合は高くなってくる。このように、今日の学校教育において、美術嫌いを生み出していることは、美術教育が抱えている課題の一つである。では、どうすれば、美術が好きと言わせることが出来る授業が出来るのであろうか。「楽しい授業」、「わかる・できる授業」にわけて考えていきたい。
     まず、「楽しい授業..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。