【佛大】P6302 米文学史 第2設題 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数270
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    合格済みです。A判定でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2設問
    ロスト・ジェネレーションの作家について具体的に作品をとりあげて述べよ。
    「ロスト・ジェネレーション」とは、一般には第一次世界大戦後のアメリカの幻滅した知識階級および芸術派の青年たちに与えられた名称である。この言葉自体は、ヘミングウェイがその作品『日はまた昇る』のモットーに、ガートルド・スタインが言った「あなたたちは皆ロスト・ジェネレーションね」という言葉を掲げたことから有名になっている。
    1.ガートルード・スタイン(Gertrude Stein,1874-1946)
     スタインは、1920年代の若いアメリカ作家たちに大きな影響をあたえたことで知られている。また「ロスト・ジェネレーション」ということばをアメリカ文学史の中にどっかりと定着させるきっかけを作った作家である。代表作は、短編集「3人の女性」がある。これは、「良き人アンナ」、「やさしいレナ」、「メランクサ」の3つの物語からなる作品である。数少ない登場人物の関係が描かれている。この作品がヘミングウェイなどのロスト・ジェネレーションの作家に大きな影響を与えるのである。
    2.スコット・フィッツジェラルド(Scott Fitzg..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。