【佛大】P6301 英文学史 第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数300
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格済みです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2設題
    ヴィクトリア時代の小説について、当時の社会情勢なども考慮しながら述べよ。
     ヴィクトリア時代は、ヴィクトリア女王(Queen Victria,1819-1901)が18歳の若さで即位し、始まった。イギリスは、安定した秩序を保ちながらかつてない発展を遂げたが、内部的には様々な矛盾をかかえていた。「Victorian」という言葉が表す内容が、①上品で体裁がよい。②道徳性が高い。③富と信仰と文化に対する自己満足、④国民全体の繁栄、⑤潔白な両親など多様である。よって複雑な時代背景を暗示している。
    1.ヴィクトリア時代初期(1837-1850)
     「飢餓の40年代」と呼ばれるほど、農作物の飢餓が深刻な時代であった。この農作物の飢をきっかけに、労働者階級の政治的発言を強化しようとするチャーティズム(Chartism,人民憲章運動)が広まったのである。
    この時代に一番活躍した作家はチャールズ・ディケンズ(Charles Dickens,1812-70)である。代表作である『オリヴァー・トゥイスト』(Oliver Twist,1837-38)は救貧院で生まれ育った孤児オリヴァーが虐待に耐えか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。