【佛大】P6301 英文学史 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数263
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    合格済みです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題.
    ロマン主義とは何か、またその担い手たちはどういう意味でロマン主義的なのかをそれぞれ述べよ。
    ①ロマン主義
    18世紀末から19世紀初頭にかけてのイギリスは空前の変革の時代であり、アメリカ独立戦争、フランス革命など、社会の構造や生活様式が急速に変わる時代にあった。新しい時代への期待や不安などの人間の中に閉じ込められていた情念が爆発するような一種の人間革命がロマン主義という形で起こった。
    主な特徴を絞るとすれば、その第一は、時間的空間的に遠いものに対する憧れである。例えば、中世趣味や異国情緒はその表れである。第二は、自然と超人間に対する脅威と熱愛である。第三は、革命的精神である。これらの特徴の共通点は、想像力を創作の原点としている点である。
    サミニュエル・テイラー・コウルリッジ(Samuel Taylor Coleridge 1772-1834)とウィリアム・ワーズワス(William Wordsworth 1770-1850)は共同で『抒情歌謡集』(Lyrical Ballads 1798)を出版した。この記念すべきとしから30数年間をロマン主義またはロマン復興の序だいと呼ぶ。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。