確率統計

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数288
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    神奈川大学 数学 確率統計 五明の2012前期の定期試験問題です。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )




    確率統計I 五明 2012 前期

    1.箱のなかに白玉6個、黒玉4個がはいっていて、そのなかから3個を取り出したときの白玉の個数をXとする。
    1)確率P(X=k)(k=0,1,2,3)を求めよ。
    2)平均E(X)をもとめよ
    3)分散V(X)をもとめよ

    2.事象AとBが独立のとき、余事象AバーとBバーも独立であることをしめせ

    3.確率変数Xの確率密度関数が
    f(x)=C(x^2)(1−x)(0≦x≦1)
    =0(その他)
    であるとき、定数Cの値をもとめよ。さらに平均E(X)と分散V(X)をもとめよ


    4.確率変数Xが平均1.5のポアソン分布に従うとき..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。