保健科指導法Ⅰ① 「学校教育が担うべき保健的教養の形成について述べよ。」 課題レポートA判定

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数675
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境日本情報健康子ども社会学校発達保健

    代表キーワード

    環境

    資料紹介

    Ⅰ現代社会と保健的教養
     現代の日本社会では、生活環境・生活様式・情報化・物質的な豊かさ、疾病像の変化、そして高齢化などのために、より確かな保健的教養の形成が求められている。
     ここでは、保健の授業を通して形成されるべき学力の内容を、現代社会で健康に生きていくうえで必要な市民的教養の基礎を培うという視点から考え、今日の社会では、いかなる保健的教養が求められているのか、3つの特徴的な状況をあげて、それぞれ述べていくことにする。
    ①生活環境・生活様式の変化が求める保健的教養
     現代の生活は、その環境や様式が急速に変化している。その多くは、生活を豊かにし、快適にし、一見、健康の維持に役立つようにみえるが、反面、新たな健康不安や問題を生み出しているものもある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学校教育が担うべき保健的教養の形成について述べよ。」
    Ⅰ現代社会と保健的教養
     現代の日本社会では、生活環境・生活様式・情報化・物質的な豊かさ、疾病像の変化、そして高齢化などのために、より確かな保健的教養の形成が求められている。
     ここでは、保健の授業を通して形成されるべき学力の内容を、現代社会で健康に生きていくうえで必要な市民的教養の基礎を培うという視点から考え、今日の社会では、いかなる保健的教養が求められているのか、3つの特徴的な状況をあげて、それぞれ述べていくことにする。
    ①生活環境・生活様式の変化が求める保健的教養
     現代の生活は、その環境や様式が急速に変化している。その多くは、生活を豊かにし、快適にし、一見、健康の維持に役立つようにみえるが、反面、新たな健康不安や問題を生み出しているものもある。
     例えば、日常の生活にある自然環境が、かなりの勢いで人工的環境に代えられ、そのことが、直接的・間接的に私たちの健康を脅かしていることが明白な例である。こうした都市環境は、産業活動(生産や通商)にとって有利な条件で構成されているが、健康的な居住環境という点においてさまざまなマイナス条..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。