保健医療 「保健医療サービスの変化と社会福祉士の役割、保健医療サービス連携の理論と実践について述べよ。」 課題レポートB判定

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数2,733
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境福祉社会福祉医療情報社会介護地域家族サービス

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    保健医療サービスは、ヘルスケア(health care)の訳であり、治療や看護などの医療サービス(medical service)と移送や家事援助などの社会サービス(social service)から構成される。疾病構造が感染症から慢性疾患、高齢者医療に変化するとともに、保健医療サービスはキュアからケアへ総合的なケアが求められ、患者の退院とともに、「生活」を支える地域の関係機関・タ職種が連携する保健医療福祉のケアシステム、ネットワークが始動している。これまでの医師、看護師などの医療専門職に加えて、社会福祉士や精神保健福祉士などの専門職が参加する意義はそこにあり、良質な保健医療サービスの実現に不可欠になってきている。
     保健医療サービスの提供

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「保健医療サービスの変化と社会福祉士の役割、保健医療サービス連携の理論と実践について述べよ。」
    保健医療サービスは、ヘルスケア(health care)の訳であり、治療や看護などの医療サービス(medical service)と移送や家事援助などの社会サービス(social service)から構成される。疾病構造が感染症から慢性疾患、高齢者医療に変化するとともに、保健医療サービスはキュアからケアへ総合的なケアが求められ、患者の退院とともに、「生活」を支える地域の関係機関・タ職種が連携する保健医療福祉のケアシステム、ネットワークが始動している。これまでの医師、看護師などの医療専門職に加えて、社会福祉士や精神保健福祉士などの専門職が参加する意義はそこにあり、良質な保健医療サービスの実現に不可欠になってきている。
     保健医療サービスの提供には、様々な医療関係職種が参加している。医療行為、歯科医療行為それぞれが医師、歯科医師の指示の下に提供され、その周辺で薬剤師による「調剤・服薬指導」、看護師・准看護師による「療養上の世話」と「診療の補助」理学療法士や臨床検査技師等による「診療の補助」社会福..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。