社会保障論Ⅰ 「国民年金制度の概要と課題について述べよ。」 課題レポートA判定

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,759
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本福祉社会福祉年金社会保障社会保険問題制度障害

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    「年金」とは、「年を単位に支払われる金銭給付」を意味する。年金の財源(年金を給付する元手となるもの)は、社会保険料・税金であったり、会社が負担する掛け金であったり、個人が支払う保険料・貯蓄・相続した遺産であったりする。つまり、「年金」=「公的年金」とは限らない。
     年金制度は大別して、「公的年金」と「私的年金」に分けることができる。公的年金制度には、国民年金、厚生年金保険、共済組合(=公的年金(保険)制度)や恩給などがある。公的年金制度とは、老齢・障害・生計中心者の死亡などの貧困原因に対し、主に社会保険方式によって所得保障を行う社会保障制度の一つである。
     もともと、日本の年金制度は国民年金、厚生年金保険、共済組合の各制度に分立していたが、少子高齢化・就業構造・産業構造の変化などで特に自営業者グループの「国民年金」の財政基盤が不安定になった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「国民年金制度の概要と課題について述べよ。」
     「年金」とは、「年を単位に支払われる金銭給付」を意味する。年金の財源(年金を給付する元手となるもの)は、社会保険料・税金であったり、会社が負担する掛け金であったり、個人が支払う保険料・貯蓄・相続した遺産であったりする。つまり、「年金」=「公的年金」とは限らない。
     年金制度は大別して、「公的年金」と「私的年金」に分けることができる。公的年金制度には、国民年金、厚生年金保険、共済組合(=公的年金(保険)制度)や恩給などがある。公的年金制度とは、老齢・障害・生計中心者の死亡などの貧困原因に対し、主に社会保険方式によって所得保障を行う社会保障制度の一つである。
     もともと、日本の年金制度は国民年金、厚生年金保険、共済組合の各制度に分立していたが、少子高齢化・就業構造・産業構造の変化などで特に自営業者グループの「国民年金」の財政基盤が不安定になった。そこで、1985(昭和60)年の改正で、①国民年金制度を全国民に「基礎年金」給付を行う制度に改め、②厚生年金保険制度や共済組合はその上乗せ給付(2階部分の年金給付)を支給する制度とした。「国民年金」制..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。