公的扶助論 「生活保護の種類と範囲、方法について述べよ。」 課題レポートA判定

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,672
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法日本福祉介護医療社会生活電気学校障害者

    代表キーワード

    公的扶助論

    資料紹介

    生活保護法は、日本国憲法第25条に規定する理念に基づき、生存権の保障を国が具体的に実現する重要な制度であり、社会保障制度の根幹を支える制度として機能している。
     この法律は、生活に困窮する国民は健康で文化的な最低生活が保障されることを権利として認めるのと同時に、これらの人々の自立の助長も積極的に図っていくことをも目的としている。
     生活保護法による扶助には、日常生活の基本的なニーズを満たす「生活扶助」のほか「住宅扶助」「教育扶助」「医療扶助」「介護扶助」
    「出産扶助」「失業扶助」「葬祭扶助」の8種類がある。以上のうち、1種類の扶助だけが行われる場合を「単給」、2種類以上の扶助が行われる場合を「併給」と呼ぶ。又、扶助を実施する際に、金銭で給付する場合を「金銭給付」、物品や医療を給付する場合を「現物給付」と呼んでいる。以下に8種類それぞれの扶助における範囲と方法について述べていくこととする。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生活保護の種類と範囲、方法について述べよ。」
     生活保護法は、日本国憲法第25条に規定する理念に基づき、生存権の保障を国が具体的に実現する重要な制度であり、社会保障制度の根幹を支える制度として機能している。
     この法律は、生活に困窮する国民は健康で文化的な最低生活が保障されることを権利として認めるのと同時に、これらの人々の自立の助長も積極的に図っていくことをも目的としている。
     生活保護法による扶助には、日常生活の基本的なニーズを満たす「生活扶助」のほか「住宅扶助」「教育扶助」「医療扶助」「介護扶助」
    「出産扶助」「失業扶助」「葬祭扶助」の8種類がある。以上のうち、1種類の扶助だけが行われる場合を「単給」、2種類以上の扶助が行われる場合を「併給」と呼ぶ。又、扶助を実施する際に、金銭で給付する場合を「金銭給付」、物品や医療を給付する場合を「現物給付」と呼んでいる。以下に8種類それぞれの扶助における範囲と方法について述べていくこととする。
     生活扶助は、生活保護法によって実施される扶助のうち、最も基本的な扶助である。それは、飲食物、衣服、電気・ガス・水道等の料金、家具や日常生活用品など、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。