ソーシャルワークⅢ② 「相談援助におけるスーパービジョンの意義について説明しなさい。」 課題レポートB判定

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数4,218
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    はじめに、ソーシャルワークにおけるスーパービジョンとは、「ソーシャルワークを行う施設や機関において、スーパーバイザーによって行われる専門職としてのソーシャルワーカーを養成する過程である。」といえる。
     ソーシャルワークはクライエントの人生に寄り添う仕事であるため、ソーシャルワーカー(以下、ワーカー)は、繊細になり過ぎ、心に疲れを感じることも少なくない。また組織やチームで仕事をすることから、同僚や他の専門職などとの間のしがらみのなかで葛藤や不安を感じることもある。ワーカーには、こうした困難を克服し、クライエントに対してよりよい援助を提供するために、専門職としてより高いレベルの知識・技術・価値、そして実践力を身につけることが重要である。 
    また、ワーカーは、誰もが支えてほしいと感じたり、自分の専門職としての未熟さを感じたり、ストレスのない職場環境が欲しいと感じている。そういう意味においても、ワーカーにとっては、スーパービジョンを受けることはとても大切なことである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「相談援助におけるスーパービジョンの意義について説明しなさい。」
     はじめに、ソーシャルワークにおけるスーパービジョンとは、「ソーシャルワークを行う施設や機関において、スーパーバイザーによって行われる専門職としてのソーシャルワーカーを養成する過程である。」といえる。
     ソーシャルワークはクライエントの人生に寄り添う仕事であるため、ソーシャルワーカー(以下、ワーカー)は、繊細になり過ぎ、心に疲れを感じることも少なくない。また組織やチームで仕事をすることから、同僚や他の専門職などとの間のしがらみのなかで葛藤や不安を感じることもある。ワーカーには、こうした困難を克服し、クライエントに対してよりよい援助を提供するために、専門職としてより高いレベルの知識・技術・価値、そして実践力を身につけることが重要である。 
    また、ワーカーは、誰もが支えてほしいと感じたり、自分の専門職としての未熟さを感じたり、ストレスのない職場環境が欲しいと感じている。そういう意味においても、ワーカーにとっては、スーパービジョンを受けることはとても大切なことである。
    そのスーパービジョンを理解する上で、ここでは、以下に4つの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。