アメリカの文化と言語Ⅰ 『8章「Martin Luther King,Jr.」について日本語で要約した上で、あなたの考えを述べよ。』 課題レポートB判定

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数622
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.「Martin Luther King,Jr.」の要約
     マーチン・ルーサー・キング・ジュニアは、公民権運動の指導者として、平和的な手段によってアメリカの黒人が社会的、政治的、経済的な平等を得るために一生を捧げた人物である。
     1950年代半ばからキング博士が死ぬまで彼は、公民権運動の指導者であり、その運動はアメリカに住む黒人、白人問わずすべての人種の人々の人種間平等への意識を高めた。そんな中、彼は、1964年にその献身的な努力が認められ、若くしてノーベル平和賞を授与されたのである。
     キングは、ジョージア州アトランタでバプテスト教会の牧師の息子として生まれた。
    キングは、15歳で高校を卒業し、そのままモアハウス大学に2学年飛び級し入学した。モアハウス大学では学士号を、その後ボストン大学では博士号を取得するほどまで高い教育を受けた。このように高学歴をもつキングは、医者か弁護士になりたかったが、最終的に選んだのは司祭職であった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『8章「Martin Luther King,Jr.」について日本語で要約した上で、あなたの考えを述べよ。』
    1.「Martin Luther King,Jr.」の要約
     マーチン・ルーサー・キング・ジュニアは、公民権運動の指導者として、平和的な手段によってアメリカの黒人が社会的、政治的、経済的な平等を得るために一生を捧げた人物である。
     1950年代半ばからキング博士が死ぬまで彼は、公民権運動の指導者であり、その運動はアメリカに住む黒人、白人問わずすべての人種の人々の人種間平等への意識を高めた。そんな中、彼は、1964年にその献身的な努力が認められ、若くしてノーベル平和賞を授与されたのである。
     キングは、ジョージア州アトランタでバプテスト教会の牧師の息子として生まれた。
    キングは、15歳で高校を卒業し、そのままモアハウス大学に2学年飛び級し入学した。モアハウス大学では学士号を、その後ボストン大学では博士号を取得するほどまで高い教育を受けた。このように高学歴をもつキングは、医者か弁護士になりたかったが、最終的に選んだのは司祭職であった。
     キング博士は、非暴力抵抗運動でインドの独立を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。