児童環境保健論 「児童の成長過程において、自然環境要因がどのように作用するか述べよ。」 課題レポートA判定

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数604
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    母親の胎内で、生物としての人間が発生(個体発生)する過程では、系統発生が再現されている。系統再生とは、生命をよりよい状態で存続させていくために、生物が環境により適応した遺伝子を継承していく「進化の過程」をいう。
    すなわち、胎内での受精卵の分裂、原基(器官)形成、個体形成、そして出生までの個体発生の過程で、これまで遺伝子が獲得してきたのと同じく「進化の過程(適応力)」が再現されていくのである。
     要するに、自然環境は、児童の成長過程にとって、生物の個体発生における母親の胎内になぞらえることができるのである。
     胎内環境から、外界に生まれでた個体(児)にとって、日光、空気、水、気温、気圧の変動など、自然環境からの各要因は、視覚、聴覚、皮膚感覚、味覚、平衡感覚などの五感を刺激し、人間が生きていくために必要な生理的諸機能の発達に必要不可欠な役割を担っている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「児童の成長過程において、自然環境要因がどのように作用するか述べよ。」
     母親の胎内で、生物としての人間が発生(個体発生)する過程では、系統発生が再現されている。系統再生とは、生命をよりよい状態で存続させていくために、生物が環境により適応した遺伝子を継承していく「進化の過程」をいう。
    すなわち、胎内での受精卵の分裂、原基(器官)形成、個体形成、そして出生までの個体発生の過程で、これまで遺伝子が獲得してきたのと同じく「進化の過程(適応力)」が再現されていくのである。
     要するに、自然環境は、児童の成長過程にとって、生物の個体発生における母親の胎内になぞらえることができるのである。
     胎内環境から、外界に生まれでた個体(児)にとって、日光、空気、水、気温、気圧の変動など、自然環境からの各要因は、視覚、聴覚、皮膚感覚、味覚、平衡感覚などの五感を刺激し、人間が生きていくために必要な生理的諸機能の発達に必要不可欠な役割を担っている。
     地球の自転は、われわれにとって昼と夜という自然環境を生じさせ、このことは、児童の成長にとって必要不可欠な睡眠と覚醒、または、休息と活動などの内部環境の生体リズムを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。