文章表現 「高齢者の介護は誰が担うべきか述べよ。」 課題レポートA判定

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数784
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「高齢者の介護は誰が担うべきか」という問いに対して、私の理想の考えを述べるとすれば、高齢者の介護は、同居する家族がいる場合、やはり家族が担うべきであるということである。
    なぜならば家族は、高齢者の性格や心情を一番理解している身近な存在であるといえるからだ。例えば、長年連れ添った夫婦であれば、自分で介護をしてあげたいと思うのが当然であろう。また、高齢者の立場からすれば、家族に迷惑をかけ、自分で身の回りのことができないという申し訳ない気持ちを持ちながらも、住み慣れた地域と家で生活を送り続けたいと願うのも然りである。
     しかしながら、高齢者介護は、単に高齢者のお世話をすればよいわけではなく、高齢者の自尊心を保ちながら、身の回りの生活を見守ることが大切である。また高齢者の機能は、早期に回復が見込めないため、長期にわたる介護が必要である。そこに問題があるわけだ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「高齢者の介護は誰が担うべきか述べよ。」
     「高齢者の介護は誰が担うべきか」という問いに対して、私の理想の考えを述べるとすれば、高齢者の介護は、同居する家族がいる場合、やはり家族が担うべきであるということである。
    なぜならば家族は、高齢者の性格や心情を一番理解している身近な存在であるといえるからだ。例えば、長年連れ添った夫婦であれば、自分で介護をしてあげたいと思うのが当然であろう。また、高齢者の立場からすれば、家族に迷惑をかけ、自分で身の回りのことができないという申し訳ない気持ちを持ちながらも、住み慣れた地域と家で生活を送り続けたいと願うのも然りである。
     しかしながら、高齢者介護は、単に高齢者のお世話をすればよいわけではなく、高齢者の自尊心を保ちながら、身の回りの生活を見守ることが大切である。また高齢者の機能は、早期に回復が見込めないため、長期にわたる介護が必要である。そこに問題があるわけだ。
     私は、1.少子高齢化、2.核家族化、3.女性の社会進出、4.在宅介護と家族の心情、5.施設介護とサービス、6.介護保険制度の最近の動向など、介護を取り巻く環境について考察しながら、問いについ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。