教育実習指導(中等) 第1レポート  「良い授業(分かる授業)をするためのポイントとは何か。」 課題レポートA判定

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数985
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    良い授業とは、クラス全員の子どもたちが生き生きと目を輝かせ、集中して取組み、積極的に意見を出し合う授業である。つまり学習の主体が、児童生徒である授業は良い授業といえる。具体的にいうと、良い授業とは、①よく分かる授業であること(生徒が理解できる、生徒の気持ちになって展開している授業)、②楽しい授業であること(生徒を授業に引き込むことであり、生徒に興味・関心をもたせる授業)、③考えさえる授業であること(知識の詰め込みではなく、知識をどう生かすかを考えさせる授業)、④児童生徒が成就感をもてる授業であること(授業の中でそれぞれの生徒がもつ目的を達成させることのできる授業)、⑤自分が授業に参加していると感じられること(生徒が主体となり、教室の中で生徒の意見が飛び交う授業)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「良い授業(分かる授業)をするためのポイントとは何か。」 
     良い授業とは、クラス全員の子どもたちが生き生きと目を輝かせ、集中して取組み、積極的に意見を出し合う授業である。つまり学習の主体が、児童生徒である授業は良い授業といえる。具体的にいうと、良い授業とは、①よく分かる授業であること(生徒が理解できる、生徒の気持ちになって展開している授業)、②楽しい授業であること(生徒を授業に引き込むことであり、生徒に興味・関心をもたせる授業)、③考えさえる授業であること(知識の詰め込みではなく、知識をどう生かすかを考えさせる授業)、④児童生徒が成就感をもてる授業であること(授業の中でそれぞれの生徒がもつ目的を達成させることのできる授業)、⑤自分が授業に参加していると感じられること(生徒が主体となり、教室の中で生徒の意見が飛び交う授業)、⑥教師の教育にかける熱意や学問に対する情熱が伝わってくること(生徒の将来を背負う責務をもつ教師)、⑦明るく楽しい雰囲気とともに、適度な緊張感があること(規律がきちんと守られているなかで、生徒がそれぞれの個性を発揮できる授業)である。
     では次に、こうした良い授業を行..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。