教育方法論(情報処理を含む)(中等教育) 「児童生徒の立場に立っての分かる(分からせる)授業を最近の教授・学習理論、教材研究、児童・生徒理解等を観点にして述べよ。」 課題レポートA判定

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数554
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「分かる(分からせる)授業」とは、教師が児童生徒を強制的に学習させ、丸暗記させるといったものではなく、児童生徒自らが「知る」「分かる」「できる」と実感し、学習する楽しさと、意欲的に取り組む姿勢を形成するような授業である。人間は、学ぶことで成長し、その成長を確認して喜び、その喜びがエネルギーとなってさらに分かりたいと思うものである。
    「分かる授業」を実践することは、次の世代を担う人材育成のため、教師が永遠に追究すべき課題である。
    1.学習指導要領との関連性
     「中学校学習指導要領」に、学習指導について配慮すべき事項が示されている。この中で、「分かる授業」の実践に関連して、次の4項目があげられている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「児童生徒の立場に立っての分かる(分からせる)授業を最近の教授・学習理論、教材研究、児童・生徒理解等を観点にして述べよ。」
     「分かる(分からせる)授業」とは、教師が児童生徒を強制的に学習させ、丸暗記させるといったものではなく、児童生徒自らが「知る」「分かる」「できる」と実感し、学習する楽しさと、意欲的に取り組む姿勢を形成するような授業である。人間は、学ぶことで成長し、その成長を確認して喜び、その喜びがエネルギーとなってさらに分かりたいと思うものである。
    「分かる授業」を実践することは、次の世代を担う人材育成のため、教師が永遠に追究すべき課題である。
    1.学習指導要領との関連性
     「中学校学習指導要領」に、学習指導について配慮すべき事項が示されている。この中で、「分かる授業」の実践に関連して、次の4項目があげられている。
    ①各教科の指導に当たり、体験的な学習や問題解決的な学習を重視するとともに、生徒の興味・関心を生かし、自主的、自発的な学習が促されるよう工夫すること。
    ②各教科の指導に当たり、生徒が学習内容を確実に理解し、身につけることができるよう、個別指導やグループ別指導、学習内容の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。