特別活動の指導法 『新学習指導要領で力説している「ガイダンスの機能の充実」について特別活動に焦点を当てて述べよ。』 課題レポートA判定

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数440
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    今回(平成20年・21年)の学習指導要領の改訂においては、特に、児童生徒に「生きる力」を支える確かな学力、豊かな心、健やかな体の調和のとれた育成を重視している。そのため、学校の教育活動全体で児童生徒に「ガイダンスの機能」が発揮されることが大切である。そのなかでも特別活動、特に学級(ホームルーム、以下HR)活動は、自主的・実践的な態度と豊かな人間性・社会性の育成を目指すための活動であり、生徒指導や進路指導に果たす役割が大きいため、「ガイダンスの機能」が発揮される中心的な場であるといえる。
    Ⅰ.特別活動における「ガイダンス」に関する規定

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『新学習指導要領で力説している「ガイダンスの機能の充実」について特別活動に焦点を当てて述べよ。』
    今回(平成20年・21年)の学習指導要領の改訂においては、特に、児童生徒に「生きる力」を支える確かな学力、豊かな心、健やかな体の調和のとれた育成を重視している。そのため、学校の教育活動全体で児童生徒に「ガイダンスの機能」が発揮されることが大切である。そのなかでも特別活動、特に学級(ホームルーム、以下HR)活動は、自主的・実践的な態度と豊かな人間性・社会性の育成を目指すための活動であり、生徒指導や進路指導に果たす役割が大きいため、「ガイダンスの機能」が発揮される中心的な場であるといえる。
    Ⅰ.特別活動における「ガイダンス」に関する規定
     ガイダンスの機能を充実することは、中学校・高等学校の学習指導要領の「特別活動」のなかの、第3「指導計画の作成と内容の取扱い」の1(3)で『学校生活への適応や人間関係の形成、進路の選択などの指導に当たっては、ガイダンスの機能を充実するよう〔学級(HR)活動〕等の指導を工夫すること。特に中学校(高等学校)入学当初においては、個々の生徒が学校生活に適応するとともに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。