看護学② 「養護教諭の職務と看護学(救急処置を含む)の知識と技能の関連性について述べよ。」 課題レポートA判定

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,492
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    Ⅰ.養護教諭の役割
     学校教育法第28条7項において、「養護教諭は、児童の養護をつかさどる」とある。この「養護をつかさどる」とは、児童生徒の健康を保持増進するためのすべての活動をさしている。
     「児童生徒の健康の保持増進」を目標とする教育活動である学校保健は、「心身共に健康な児童生徒の育成」を目標とする学校教育の基盤になるきわめて重要なものである。したがって、各学校において適切に、かつ効果的に推し進める必要がある。この学校保健を促進するにあたって、保健に関する専門的知識と技術に基づき、技術者と教育者という2つの面から携わる学校職員が養護教諭なのである。
    Ⅱ.養護教諭の職務
     養護教諭には、従来の職務に加え新たな役割が求められている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「養護教諭の職務と看護学(救急処置を含む)の知識と技能の関連性について述べよ。」
    Ⅰ.養護教諭の役割
     学校教育法第28条7項において、「養護教諭は、児童の養護をつかさどる」とある。この「養護をつかさどる」とは、児童生徒の健康を保持増進するためのすべての活動をさしている。
     「児童生徒の健康の保持増進」を目標とする教育活動である学校保健は、「心身共に健康な児童生徒の育成」を目標とする学校教育の基盤になるきわめて重要なものである。したがって、各学校において適切に、かつ効果的に推し進める必要がある。この学校保健を促進するにあたって、保健に関する専門的知識と技術に基づき、技術者と教育者という2つの面から携わる学校職員が養護教諭なのである。
    Ⅱ.養護教諭の職務
     養護教諭には、従来の職務に加え新たな役割が求められている。つまり、平成9年の保健体育審議会答申では、「健康に関する現代的課題検討など近年の問題状況の変化に伴い、健康診断、保健指導、救急処置などの従来の職務に加えて、養護教諭のもつ専門性と保健室の機能を最大限に生かして、心の健康問題にも対応した健康の保持増進を実践できる資質の向上を図る必..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。