学校保健学 「学校保健活動の目的・方法・領域構造について説明せよ。」 課題レポートA判定

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数2,307
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    学校保健は、保健教育と保健管理の活動を適切に行うことによって、児童・生徒や教職員の健康を保持増進し、心身ともに健康な国民の育成を図るという教育目的の達成に寄与し、児童・生徒に「生きる力」の基盤となる健全な発育発達と健康生活を自らが実践できる能力を身につけることを目指して行われる教育活動である。
    さらに、保健教育と保健管理の活動が円滑に、そしてその成果が上がるように進めるためには、教職員がそれぞれの役割を分担し、活動を組織的に推進できるような協力体制を確立するとともに、家庭や地域の関係機関などと連携するために、学校保健組織の編成と活動の充実が不可欠となる。学校保健とは、これらのすべての活動のことをさしている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学校保健活動の目的・方法・領域構造について説明せよ。」
     学校保健は、保健教育と保健管理の活動を適切に行うことによって、児童・生徒や教職員の健康を保持増進し、心身ともに健康な国民の育成を図るという教育目的の達成に寄与し、児童・生徒に「生きる力」の基盤となる健全な発育発達と健康生活を自らが実践できる能力を身につけることを目指して行われる教育活動である。
    さらに、保健教育と保健管理の活動が円滑に、そしてその成果が上がるように進めるためには、教職員がそれぞれの役割を分担し、活動を組織的に推進できるような協力体制を確立するとともに、家庭や地域の関係機関などと連携するために、学校保健組織の編成と活動の充実が不可欠となる。学校保健とは、これらのすべての活動のことをさしている。
    ここで、学校保健安全に関する法規を確認しておくこととする。
    教育基本法第1条(教育の目的)では、「教育の目的は、人格の完成を目指し、平和的な国家及び社会の形成者として、心理と正義を愛し、個人の価値を尊び、勤労と責任を重んじ、自主的精神に満ちた心身共に健康な国民の育成を期して行われなければならない。」この条文に基づき、より具..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。