児童心理学① 「家庭と地域社会における保育のあり方について述べよ。」 課題レポートA判定

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数943
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現代社会は、産業構造の変化により、少子化や核家族化が進行し、子どもたちをめぐる環境は、大きく変容してきている。そこで子どもたちが健全に成長するためには、今後の家庭と地域社会における保育のあり方がどうあるべきかを考察していきたい。
    1.家庭の変化と子どもへの影響
     家庭は、子どもが生まれて初めて接する社会である。子どもは家庭を中心として社会に適応するための知識や技術、社会のルールを学びながら成長していくのである。いわゆる「こどもの社会化」である。
     子どもがうまく社会に適応できるかどうかは、家庭での教育力に依存しているといえる。つまり、家庭の教育力は、こどもの成長にとってきわめて重要な位置を占めているのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「家庭と地域社会における保育のあり方について述べよ。」
     現代社会は、産業構造の変化により、少子化や核家族化が進行し、子どもたちをめぐる環境は、大きく変容してきている。そこで子どもたちが健全に成長するためには、今後の家庭と地域社会における保育のあり方がどうあるべきかを考察していきたい。
    1.家庭の変化と子どもへの影響
     家庭は、子どもが生まれて初めて接する社会である。子どもは家庭を中心として社会に適応するための知識や技術、社会のルールを学びながら成長していくのである。いわゆる「こどもの社会化」である。
     子どもがうまく社会に適応できるかどうかは、家庭での教育力に依存しているといえる。つまり、家庭の教育力は、こどもの成長にとってきわめて重要な位置を占めているのである。
     しかしながら、高度成長期後では、家族形態の変容やそれに伴う家族機能の縮小化が顕著となっている。
    以前の日本の家庭といえば、イエ制度とも呼ばれるが、祖父母、父母、子ども、場合によっては、曽祖父母という大家族で成り立っていた。そのため、いろいろな人間関係に囲まれて生活する中で、多様なものの考え方や生活の知恵、社会的な耐性など..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。