心理学研究法② 「心理学の研究法のうち、観察法と実験法について述べよ。」 課題レポートA判定

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数990
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    「観察法」とは、人間や動物の行動を自然な状況や実験的な状況のもとで、観察、記録、分析し、行動の質的・量的特徴や行動の法則性を解明する方法である。
     観察法の利点は、巧みに計画された観察(信頼性と妥当性の徹底した検討等)においては、自然でありのままの、客観的データを取得することができることであり、一方、欠点は、データを得るために費用がかかる場合がある。また被観察者のプライバシーに踏み込むこともあるため、倫理的な問題を起こす可能性もある。欠点を克服するには、一つの方法に固執せず、他の方法も組み合わせ柔軟に対応することが重要である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「心理学の研究法のうち、観察法と実験法について述べよ。」
     「観察法」とは、人間や動物の行動を自然な状況や実験的な状況のもとで、観察、記録、分析し、行動の質的・量的特徴や行動の法則性を解明する方法である。
     観察法の利点は、巧みに計画された観察(信頼性と妥当性の徹底した検討等)においては、自然でありのままの、客観的データを取得することができることであり、一方、欠点は、データを得るために費用がかかる場合がある。また被観察者のプライバシーに踏み込むこともあるため、倫理的な問題を起こす可能性もある。欠点を克服するには、一つの方法に固執せず、他の方法も組み合わせ柔軟に対応することが重要である。
    観察法は、自然観察法と参加観察法に大きく分けられる。参加観察法には、非参加観察法とに分けられ、これは、観察者が被観察者に気づかれないようにして行う観察(例、隠しカメラやマジック・ミラーをしようした実験的観察)である。
    自然観察法は、目的とする行動の起こっている現場で何が起こっているかを記録するところから始まる。
    自然観察法では、人為的操作はなく、被観察者の行動を妨げることなく、自然におきるままを記録する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。