社会学概論 「産業化とそれによる社会の変化について述べよ。」 課題レポートA判定

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数2,804
ダウンロード数67
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    産業化(Industrialization)とは、西洋における産業革命を契機として進行した、経済の領域における変動を指す概念である。産業革命は西洋近代社会を成立させた重要な要素であり、産業化の推進は特に後発社会の発展にとって最優先課題と考えられていた。
     西洋の産業革命の時代には、産業化とは工業技術の飛躍的な発展、製造業の発達、工場労働者の増大などを意味するため、産業化は工業化ともいえる。つまり、農民主体の社会から雇用労働者主体の社会への移行と考えられる。
     この工業化は、経済活動人口の第一次産業から第二次産業への移行、自給自足経済から市場的交換経済への移行、自営業中心の経済から被雇用者(エンプロイー)中心の経済への移行などの変動を生み出した。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「産業化とそれによる社会の変化について述べよ。」
     産業化(Industrialization)とは、西洋における産業革命を契機として進行した、経済の領域における変動を指す概念である。産業革命は西洋近代社会を成立させた重要な要素であり、産業化の推進は特に後発社会の発展にとって最優先課題と考えられていた。
     西洋の産業革命の時代には、産業化とは工業技術の飛躍的な発展、製造業の発達、工場労働者の増大などを意味するため、産業化は工業化ともいえる。つまり、農民主体の社会から雇用労働者主体の社会への移行と考えられる。
     この工業化は、経済活動人口の第一次産業から第二次産業への移行、自給自足経済から市場的交換経済への移行、自営業中心の経済から被雇用者(エンプロイー)中心の経済への移行などの変動を生み出した。またそれと同時に金融・保険業・卸売・小売業・運輸・通信業といったサービス産業や情報産業が発達し、第二次産業から第三次産業への移行も進行させていく。現代における、産業化を考える場合には、先発社会のみならず後発社会をも、製造業による工業製品の生産が発展する過程だけではなく、サービス産業や情報産業の多..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。