地域福祉論① 「地域福祉の概念規定における機能的アプローチと構造的アプローチについて述べよ。」 課題レポートA判定

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数732
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    かつての社会福祉は、福祉援助を必要としている人を社会福祉施設へ入所させ援護するという考え方が主流であったが、近年は、ノーマライゼーションの理念が浸透し、「住み慣れた地域の中で家庭を基盤にして、地域社会の人々と交流しながら自らの能力を最大限発揮し誰もが自分らしく誇りをもって社会の一員として暮らしていける社会」があるべき姿であるという考え方に変革してきている。そして、社会福祉施策は、社会福祉の基礎構造改革により成立した社会福祉法の中で、「地域福祉の推進」が明確に位置づけられている。
     このように、社会福祉の考え方や施策の方向が、施設福祉から在宅福祉へと変化するにつれて「地域福祉」が重要視されるようになってきた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「地域福祉の概念規定における機能的アプローチと構造的アプローチについて述べよ。」
     かつての社会福祉は、福祉援助を必要としている人を社会福祉施設へ入所させ援護するという考え方が主流であったが、近年は、ノーマライゼーションの理念が浸透し、「住み慣れた地域の中で家庭を基盤にして、地域社会の人々と交流しながら自らの能力を最大限発揮し誰もが自分らしく誇りをもって社会の一員として暮らしていける社会」があるべき姿であるという考え方に変革してきている。そして、社会福祉施策は、社会福祉の基礎構造改革により成立した社会福祉法の中で、「地域福祉の推進」が明確に位置づけられている。
     このように、社会福祉の考え方や施策の方向が、施設福祉から在宅福祉へと変化するにつれて「地域福祉」が重要視されるようになってきた。またその背景の一つに、福祉の対象者を隔離し施設の中に封じ込めるような社会は、「弱くてもろい社会である」という考え方が国際的な共通見解となってきたことがあげられる。わが国でも、援助を必要とする人々を地域社会にあたりまえに受け容れ、障害をもつ人と障害をもたない人が、住み慣れた地域の中で「ともに生きる」社会..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。