権利擁護と成年後見 「ソーシャルワーカーとして成年後見制度を行うでの留意点について権利擁護の視点から具体的に述べよ。」 課題レポートA判定

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数2,460
ダウンロード数90
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近年、虐待等の高齢者・障害者の権利侵害が社会問題化し、これらの人々の尊厳ある生活を維持していくための権利擁護が大きな課題となり、福祉分野において重要な法整備が進められた。
     平成18年度の改正介護保険法の施行により権利擁護業務が市町村の実施する地域支援事業の必須事業と位置づけられ、障害者自立支援法においても地域生活支援事業のなかに権利擁護相談が盛り込まれた。また、高齢者虐待の防止、高齢者の擁護者に対する支援等に関する法律、いわゆる高齢者虐待防止法においても、虐待防止対応における市町村の責務が明確にされた。これらの法整備の中で、成年後見制度は、判断能力の不十分な高齢者・障害者の権利擁護の根幹をなす制度として、その利用促進が謳われている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ソーシャルワーカーとして成年後見制度を行う上での留意点について権利擁護の視点から具体的に述べよ。」
     近年、虐待等の高齢者・障害者の権利侵害が社会問題化し、これらの人々の尊厳ある生活を維持していくための権利擁護が大きな課題となり、福祉分野において重要な法整備が進められた。
     平成18年度の改正介護保険法の施行により権利擁護業務が市町村の実施する地域支援事業の必須事業と位置づけられ、障害者自立支援法においても地域生活支援事業のなかに権利擁護相談が盛り込まれた。また、高齢者虐待の防止、高齢者の擁護者に対する支援等に関する法律、いわゆる高齢者虐待防止法においても、虐待防止対応における市町村の責務が明確にされた。これらの法整備の中で、成年後見制度は、判断能力の不十分な高齢者・障害者の権利擁護の根幹をなす制度として、その利用促進が謳われている。
     社会福祉士の倫理綱領は、社会福祉士のソーシャルワーク実践の「価値と原則」の一つに「人間の尊厳」をあげ、すべての人間をかけがえのない存在として尊重するとしている。社会福祉士は、支援を必要とする人々の生活と権利を擁護することが、社会福祉士という専門職能の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。