精神医学② 「精神療法及び環境・社会療法について述べよ。」 課題レポートA判定

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数622
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神疾患に対して行われる治療法には、薬物療法に加え、精神療法、環境療法、社会療法など様々な技法がある。これらの技法は治療者が心理療法や福祉的援助を行い、症状の軽減や患者自身の潜在的な問題解決能力を引き出し患者自身が自力で社会復帰をできるように手助けするものである。
     精神療法は、「精神医学的治療の一つで、言語的、非言語的な対人交流を通して精神的な問題を解決し悩みを軽減することを目的とした精神医学的および心理学的治療法」と定義できる。
     精神療法が重要な役割を果たす場合は、不安障害や身体表現性障害などの神経症性障害、うつ病性障害、パーソナリティ障害、精神病性障害の寛解期などの精神医学的障害、そして一般身体疾患による心理的反応である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神療法及び環境・社会療法について述べよ。」
     精神疾患に対して行われる治療法には、薬物療法に加え、精神療法、環境療法、社会療法など様々な技法がある。これらの技法は治療者が心理療法や福祉的援助を行い、症状の軽減や患者自身の潜在的な問題解決能力を引き出し患者自身が自力で社会復帰をできるように手助けするものである。
     精神療法は、「精神医学的治療の一つで、言語的、非言語的な対人交流を通して精神的な問題を解決し悩みを軽減することを目的とした精神医学的および心理学的治療法」と定義できる。
     精神療法が重要な役割を果たす場合は、不安障害や身体表現性障害などの神経症性障害、うつ病性障害、パーソナリティ障害、精神病性障害の寛解期などの精神医学的障害、そして一般身体疾患による心理的反応である。
     精神療法には、個人を対象にした個人精神療法、夫婦を対象にした夫婦療法、家族を対象にした家族療法、集団で行われる集団療法などがある。
     精神療法は、その技法に基づいて洞察的精神療法、指示的精神療法、体験的精神療法に分けられる。
     洞察的精神療法は、無意識的な葛藤を洞察して精神症状を和らげることを目的としたもの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。