精神医学① 「精神医療の歴史及び精神医学の概念について述べよ。」 課題レポートA判定

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,005
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    西洋の精神医療の歴史を紐解いてみると、ギリシャ時代には、精神医療なるものが存在し、精神障害は身体と結び付けられ、作業、レクリエーション療法的な医療的対応が行われていた。
    しかしながら中世の時代からは、精神医療は、保護と迫害が繰り返し行われる中で発展してきたと言える。
    13世紀頃、ベルギーのゲールでは、地域住民が精神障害者を家庭で保護していた。ヨーロッパでは、15世紀~17世紀にかけて、精神障害者は、キリスト教では、「精神病は病気ではなく悪魔の仕業、神の罰である」と考えられ、各地で「魔女狩り」が行われ、一般社会から迫害された。
    18世紀になると、フランスでは、ビセトール病院の病院長であったピネルが精神障害者を鎖から解放し、「病める人間」として扱った。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神医療の歴史及び精神医学の概念について述べよ。」
     西洋の精神医療の歴史を紐解いてみると、ギリシャ時代には、精神医療なるものが存在し、精神障害は身体と結び付けられ、作業、レクリエーション療法的な医療的対応が行われていた。
    しかしながら中世の時代からは、精神医療は、保護と迫害が繰り返し行われる中で発展してきたと言える。
    13世紀頃、ベルギーのゲールでは、地域住民が精神障害者を家庭で保護していた。ヨーロッパでは、15世紀~17世紀にかけて、精神障害者は、キリスト教では、「精神病は病気ではなく悪魔の仕業、神の罰である」と考えられ、各地で「魔女狩り」が行われ、一般社会から迫害された。
    18世紀になると、フランスでは、ビセトール病院の病院長であったピネルが精神障害者を鎖から解放し、「病める人間」として扱った。19世紀前半にイギリスでは、テュークが、ヨーク療養所を設立し、道徳療法を行い、またコノリーは精神障害者に対し「無拘束の原則」を確立した。
    ヨーロッパにおいて精神医学が大きな発展を見せるのは1900年前後であり、この時代にクレぺリンやフロイトなどの著名な精神医学者が現れ、統合失調症や躁うつ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。