ソーシャルワークⅠ② 「ソーシャルワークの理念について述べよ。」 課題レポートA判定

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数5,487
ダウンロード数51
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    まず、ソーシャルワークの理念と価値との関係から述べていく。理念とは、人々の決断や解釈の目的とされるものである。新明解国語辞典には、理念とは、何を最高のものとするかについての、その人の根本的な考え方である。ソーシャルワーカー(以下SW)は、ソーシャルワークの理念に向かって、ソーシャルワーク実践を行う。一方、価値とは、何を優先するのか、どの方法を用いるか等の判断に影響を与える。つまり、ソーシャルワークの理念には、ソーシャルワークの価値が反映されている。
     ここで改めて、価値について詳述していく。
    「価値」とは、複数の意味を持つ言葉である。価値は、①「良い」と言われる性質、②好き嫌いの対象となる性質、③団体や集団の構成員が共有する良い性質、④誰もが良いとする普遍的な性質である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ソーシャルワークの理念について述べよ。」
     先ず、ソーシャルワークの理念と価値との関係から述べていく。理念とは、人々の決断や解釈の目的とされるものである。新明解国語辞典には、理念とは、何を最高のものとするかについての、その人の根本的な考え方である。ソーシャルワーカー(以下SW)は、ソーシャルワークの理念に向かって、ソーシャルワーク実践を行う。一方、価値とは、何を優先するのか、どの方法を用いるか等の判断に影響を与える。つまり、ソーシャルワークの理念には、ソーシャルワークの価値が反映されている。
     ここで改めて、価値について詳述していく。
    「価値」とは、複数の意味を持つ言葉である。価値は、①「良い」と言われる性質、②好き嫌いの対象となる性質、③団体や集団の構成員が共有する良い性質、④誰もが良いとする普遍的な性質である。中でも、SWとして留意しておかねばならないのは、③であり、SWは専門職で共有する価値の実現を目指して、実践するため、集団としての価値を各個人が内在化する事が大切になる。又、人は誰でも固有の価値観をもっている。それは、生育歴、家族、地域性、文化など、様々な人や社会から影響を受..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。