精神保健福祉援助技術各論① 「精神障害者を対象とした集団援助技術について述べよ。」 課題レポートA判定

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数636
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神障害者の多くは、人と付き合ったこと経験が少ない事から、他者との付き合いに臆病であり、特にグループ場面では、緊張が高いように見える。また、様々な症状に苦しみながら、グループでの他者との交流場面に参加している人もいる。従って、グループを用いて精神障害者の障害の受容・軽減、自己理解・自己実現等を目指す援助を行う時には、精神疾患の特徴を理解して、辛さに共感しつつ、社会福祉に関する知識と技術を用いて、グループでの援助を行う事が重要であるため、精神障害者には、どんな障害があるか又、その障害によって生まれる社会的不利について述べていくとする。
     精神障害者の障害の種類を大きく3つに分けて述べていく。①は疾病による障害である。精神医学的には、思考障害・知覚障害・感情障害・行動障害・自我障害などが挙げられている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神障害者を対象とした集団援助技術について述べよ。」
     精神障害者の多くは、人と付き合ったこと経験が少ない事から、他者との付き合いに臆病であり、特にグループ場面では、緊張が高いように見える。また、様々な症状に苦しみながら、グループでの他者との交流場面に参加している人もいる。従って、グループを用いて精神障害者の障害の受容・軽減、自己理解・自己実現等を目指す援助を行う時には、精神疾患の特徴を理解して、辛さに共感しつつ、社会福祉に関する知識と技術を用いて、グループでの援助を行う事が重要であるため、精神障害者には、どんな障害があるか又、その障害によって生まれる社会的不利について述べていくとする。
     精神障害者の障害の種類を大きく3つに分けて述べていく。①は疾病による障害である。精神医学的には、思考障害・知覚障害・感情障害・行動障害・自我障害などが挙げられている。精神保健福祉士は、知識として精神医学的知見を援助過程において参考にする事が多いが、しかし精神保健福祉士の援助の焦点は、生活上の問題・困っている事柄であることを頭にいれておきたい。つまり精神障害者は、地域社会で普通に暮らすことが、自己肯..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。