458 児童心理学 4単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数274
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    458 児童心理学 4単位目 合格レポート
    ーレポート課題ー
    1、向社会的行動とその発達に関わる要因について述べなさい。
    2、自己概念の形成過程について述べなさい。
    ー講評ー
    どちらも要点を押さえ、よくまとめられています。これからも頑張ってください。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    1 向社会的行動とは対人的なつながりを強めたり、積極的に求めたりする行動である。いじめ不登校などが起きている今日の日本において、向社会的行動の発達の意義は大きい。マッセンらは向社会的行動を「外的な報酬を期待することなく、他人や他の集団を助けようとしたり、それらの人々のためになることをしようとする行為である」と定義している。具体的には小さな親切行動、社会的弱者に対する援助行動、迷子や遺失物に対する援助行動、努力を必要とする援助行動、緊急事態における援助行動、分与行動、寄付のような行動をいう。
     向社会的行動の発現には、感受性や様々の認知能力の発達が関係しており、現実社会でそれらの行動をとれるかは種種の発達的要因によって規定される。菊地章夫によれば、向社会的行動の発現には、基本的には、気づき..

    コメント1件

    mayumiko 販売
    大学のレポート用紙にあわせて1行につき25文字で作成してます。

    なお、課題が2つある場合で1つ目の課題が45行で終わっているときは、
    2つ目の課題を次ページ(4ページ目)の頭から書いています。
    (所定のレポート用紙は15行×25文字×6ページ)

    行数などをご確認のうえ参考になさってくださいね!!
    2010/05/13 14:06 (6年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。