S0724 教育実習研究(小)A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数210
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2010年度 佛教大学 通信教育部 レポートです。
    教科書の内容に沿ったものになっております。
    参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育実習をするにあたって留意すべきことを述べよ。
     近年、教職をとりまく状況が変化している。教職の採用試験の倍率が高くなってきている傾向や、小学校での「専科制」、中・高校での複数教科を担当する状況が広がるなか、子どもたちの学力低下、いじめ・不登校等の問題がある状況で、教職志望の学生にとって、教職に就くために何が足りなくて、これから何をするべきか自覚する場である教育実習で留意するべきことについて述べる。
    1.教職者とは
     まず、教職者とはどういうものであるかについて述べ、それに対して実習での留意点を考察する。
     佐藤学氏によると、教職とは聖職者観・労働者観・専門職者観とう3つの立場から論じられて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。