S8102 教育心理学1 科目最終試験対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,121
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学「教育心理学1」の科目最終試験の過去問全パターンとその解答です.まとめてあるので,自分でテキストを読むよりも効率的に対策ができます.

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     S8102 教育心理学1 科目最終試験対策
    1 発達とは何を言うのかを説明し,「一般的な原理」とされるものについて分かりやすく解説しなさい.(発達とは何かを示し,発達の原理について要約せよ.)(2007)
      教育は,発達しつつある児童や青年を対象とするものであり,かれらの発達を助長するところに中心的機能がある.ここでは,発達とは何かに焦点を当てる.
      発達とは,受胎にはじまって,年齢にともなう心身の変化である.この変化は,量的であると同時に質的なものである.コフカは「生活体が量において増大し,構造において精密化し,機能において有能化するとき,これを発達という」と定義している.つまり,量的に見れば,発達は量的増大であり,質的に見れば,構造化,再体制化の過程である.
      量的増大は目につき易いため,わかり易いが,発達は量的増大だけではない.子どもがおとなの単なる縮図でないという認識から教育が実践されたのは,18世紀だったという.そこでは,子どもはおとなとは質的に異なった要求や興味を持つことが認識された.そのことは,発達が構造の変化であることを意味している.発達の高い段階は,低い段階に..

    コメント1件

    q25_ch 購入
    このファイルの1番の解答
    発達の「一般的原理」に関して根本的に違うと思うのですが・・・
    2014/10/17 19:48 (2年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。