母性慨論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数164
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境医療健康幼児児童障害指導保健月経法律安全

    代表キーワード

    健康医療母性慨論

    資料紹介

    月経と母性の法律についてです。
    レポートとして使う場合は、文字を全部選択して文字の色を黒にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                 母性慨論
    月経は、不規則な夜勤などの勤務状況にあると不順になりやすく、
    また激務やストレスなどの精神的影響により月経周期の異常や随伴症状、
    月経困難症の訴えを起こす場合がある。
    妊娠初期は外部からの刺激によって流産を起こしやすいので、
    過酷な労働や長時間の同一体位、腹圧をかけるような体位をとることは
    避けるべきである。
    低温の環境は流産や早産を誘発し、
    高温の環境は脱水、疲労の招き、つわりを増強させる。
    有機溶剤や放射線の曝露を受ける危険のある場合、
    児への催奇形性の危険性があるため特に注意を要する。
    VDT症候群には、頭痛、下痢、食欲不振、イライラ感、うつ症状があり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。