急性期と慢性期

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数684
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    急性期と慢性期についてのレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    急性期とは
    急に症状を発して病気の進み方が速いことである。
    急性期治療の特徴
    <診断の重要性>
    まず病名をはっきりさせる。疾患の急性期あるいは急性疾患には身体のどこかの
    器官・組織に炎症・出血・壊死や組織の破壊などがおこっている。したがって、
    発熱・痛み・嘔気・嘔吐・下痢・咳嗽・呼吸困難・けいれん・意識の障害などの
    激しい症状を呈することが多い。
    <診断の過程>
    診察の基本4項目…視診・触診・聴診・においを嗅ぐ
    一般的な検査…採血・検尿・X線撮影・心電図
    <基本的な治療>
    治療の基本は安静・食事の制限である。
    <治療の場>
    急性期の患者が受ける場は大きく外来・入院病棟に分けられる。
    急性期にある患者への援助
    <病院受診時の援助>
    患者や家族は疲労を感じたり、不安をおぼえ、混乱することもある。
    外来部門の看護師は、まず外来を訪れている患者や家族のニーズを把握し
    それに対処する。症状が重い患者、待っている間に症状が悪化する可能性
    のある患者など緊急度・優先度の高い患者にはすぐに診察や治療が受けら
    れるように配慮する。医師から検査・薬・療養上の注意が指示された場合
    は、患者や家族に検査部門へ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。