さまざまな看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数856
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    この資料は、たくさんの看護が分かりやすく簡潔にまとめてあります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    さまざまな看護
    痛みのある患者の看護
    ・痛みの定義
      メルスキー・・・実際の組織損傷あるいはおこりうる組織損傷と関連した、または
      このような損傷と関連して記述される不快な感覚的、情動的経験
    ・痛みの種類
     侵害受容性疼痛…身体の傷害に伴う痛み
     神経因性疼痛…神経系の異常による痛み
     心因性疼痛…痛みの本質的原因が心理的なものであると考えられる場合の痛み
     関連痛…病変部位から離れた身体の表面に感じる痛み
    ・痛みの理論
    ・痛みの認知に影響する諸因子
    痛み以外の症状、うつ状態、怒り、不安
     
    ・痛みのアセスメント項目
    すべての痛みの部位
    痛みの質
    痛みの強さ
    1日の変化
    悪化因子と緩和因子
    いままでの鎮痛薬の効果
    日常生活への影響
    痛みに関する患者の認識
    ・痛みの緩和のための看護活動の基本
     看護師-患者関係の確立
     目と目を合わす
     痛みの意味をさぐる
     不安の軽減
      
    呼吸障害をもつ患者の看護
     
      ・呼吸障害に対する治療
       気道を確保する
       酸素を供給する
        全身の酸素運搬能力は、動脈血酸素分圧が60mmHg以下になると急激に低下
        するため、原則とし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。