輸血

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数280
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    赤血球時間血圧保存製造副作用呼吸移植改善

    代表キーワード

    輸血

    資料紹介

    輸血について、まとめました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    輸血
    適応
    赤血球輸血基準:
    急性出血時
    Hb 6g/dl以下になった時に赤血球輸血を考慮する。
    血液疾患に伴う貧血
    1)Hb 7g/dl以上
    原則として輸血の適応はないが、循環動態から慎重に判断する。
    2)Hb 7g/dl未満
    鉄剤、ビタミンB12、葉酸、エリスロポエチンなどの投与によって
    改善されないようであれば、輸血を考慮する。        
    慢性出血性貧血
    全身状態が良好な場合は、Hb 6g/dl以下になった時に赤血球輸血を考慮する
    種類
    赤血球M.A.P.(RC- M.A.P.)
    濃厚赤血球液中の抗凝固剤であるCPDを除いてMAP液に置換したもの。赤血球を通常の2倍の期間、保存するために開発された赤血球浮遊液である。Mannitol(マンニトール)は溶血の改善に、adenine(アデニン)とphosphateは赤血球ATPの維持に働く。全血200mlに由来する赤血球M.A.P.の入っているパック(1単位;140ml入り)と全血400mlに由来する赤血球M.A.P.の入っているパック(2単位;280ml入り)とがある。赤血球M.A.P.のヘマトクリット値は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。