未成年の飲酒喫煙は徹底的に取り締まるべきだ

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,773
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    未成年の飲酒喫煙は徹底的に取り締まるべきだ
    11311130 桜井由佳里
    はじめに
    今日では、未成年者が簡単にアルコールやタバコを入手できるようになっている。そんな環境で違法だとわかっていながら何故成人しないうちに飲酒喫煙をしてしまうのか。一般的には、寛容な親やまわりの大人に気軽に勧められて飲酒をする未成年が多い。喫煙のきっかけは好奇心で、家族に喫煙者がいると簡単に煙草が手に入るからだ。店舗などでは対策として年齢確認をしているところもあるが、機械の確認ボタンを押せば良いだけのものなどあまり意味のない対策を取っている店もある。そういった未成年者を取り締まるために未成年飲酒喫煙法というものがある。学校では保健体育の授業の一環として身体が早熟なうちからの飲酒喫煙の恐ろしさを教えてはいるが、いったいどれくらいの効果があるのだろうか?他国との法の違いも含めて考察をした。
    動機
    どういった動機で未成年者が飲酒喫煙をするのだろうか。
    寛容な親や、まわりの大人に気軽に勧められて飲酒をする未成年が多い。他にも、部活やサークルの仲間に勧められたり、友人が飲んでいたりするからという理由で飲酒してしまうことが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。