太陽光発電を積極的に導入すべきだ

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数157
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.はじめに
    現代社会において化石燃料は減少の一途をたどりオゾン層の破壊、地球温暖化など二酸化炭素排出問題が各国で取り上げられ再生可能エネルギーが注目をあびている。2011年3月11日の東日本大震災を発端に、原子力発電の安全性が問いたたされてからというもの脱原発を目標に再生可能エネルギーへシフトする政策を打ち出す国がさらに増加した。加えて、総合エネルギー統計によると石油は約39年後、天然ガスは約61年後に枯渇すると言われている。今後ますます再生可能エネルギーが注目を集めることとなるだろう。本稿では太陽光発電を積極的に導入すべきだという主張を元に再生可能エネルギー問題を考える。
    太陽光発電
     2-1太陽光発電とは
      まず、太陽光発電とはどのような発電かということを簡潔に述べると太陽の光エネルギーを利用し電力を生み出す発電システムのことである。太陽光発電を行うためには太陽光と太陽電池と呼ばれる半導体を利用し光エネルギーを直接的に電力に変換するシステムが必要となる。太陽電池に光が当たると電子が光のエネルギーを吸収するため、太陽電池はこの「エネルギーを吸収した電子」を選別し外部の電気回路(例..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。