食料廃棄を避けるべきである

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数121
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.はじめに
     今日、世界中で食料の不足が問題視されている。その大きな要因として、食料廃棄の問題がある。食料廃棄の実際の原因は各国で異なり、その国の特有の条件や地域の状況に大きく左右される。それぞれの国にあった対策、意識を持つことで、この問題は最小限に留められるであろう。
    2.食料廃棄が見られるところ
    現在、食料は世界全体で人の消費向けに生産された食料の約3分の1である、約13億トンが1年間で失われている。それは農業によって生産されてから、家庭で消費されるまでのサプライチェーンを通る過程で失われ、また、捨てられる。
    3.食料廃棄における問題と解決策 世界中でこの問題が見られる。先進国はかなりの量が消費の段階で、あるいは消費できるにも関わらず捨てられる。発展途上国は主に生産から加工に至る過程で失われる。
    では、まず始めに、先進国で見られる問題点について述べる。1つ目に、生鮮品に対するスーパーマーケットの高い「外観品質基準」が食料の廃棄につながっている。重さ、サイズ、形および外見に対する厳格な基準のために、スーパーマーケットによって農家からの仕入れが拒否される。しかし、消費者調査では、不..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。