消費税を引き上げるべきだ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数145
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    消費税を引き上げるべきか
    1.はじめに
    現代、日本は円高とデフレに悩まされ、経済が後退状態になっている。その中で衆議院が解散し、新たな政党が生まれる。これからの日本の経済を立て直していくためには最良の経済対策が必要とされる。民主党政権は消費税率の引き上げと社会保障制度改革を柱とする社会保障・税一体改革大網を閣議決定した。その目的とは社会保障費を税金で賄うことである。そこで必要となるのがまさに消費税の引き上げである。政府は2014年に消費税率を引き上げることを目標としている。消費税率の引き上げを前にもう一度、私達は消費税について理解を深める必要がある。
    2.なぜ税を引き上げる必要があるのか
    日本は今、世界で最も赤字国債を保有しているという事実は周知のことであろう。その中で日本政府はさらなる金融緩和政策を目指して、日本銀行が赤字国債を買い取るという政策を打ち立てている。しかし実際のところ、党の中で賛成・反対の意見がわかれており、実現可能か怪しいところである。現段階では赤字国債を発行し、経済運営を行っていっても、一般の人々には影響を及ぼしていない。しかしこのまま国債を発行し続けると、将来世代..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。