商店街と企業は共同するべきである

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数72
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1はじめに
    今日、日本の発展はより著しいものになっている。交通の発達や人と人とのコミュニケーションにおける物理的距離的、時間的制約という壁を壊す通信機器。資源にあふれ、より便利な社会になってきていることが私たち自身意識せずとも感じられる世の中だ。しかし、それと同時に大きな問題も存在している。そのひとつとして、従来から存在する人と人とのコミュニケーションの場の衰退がある。その代表的な例が商店街である。商店街とは日本の中で生まれた独自の文化である。また社会的な他者と他者がふれあう最も近いコミュニティの場所であるといっても過言ではない。そんな、商店街が衰退の一途をたどっている現状がある。その原因のひとつとして、都市化が少なからずある。大型企業が地方展開するにつれて、大きなショッピングモールや格安スーパーが立ち並び、商店街の多くは店を閉じてしまうからだ。これは従来の日本独自のコミュニティの場が失われる点において大きな問題である。今後もこの伝統的な日本の風習を守っていくためには発展する社会との共同が不可欠であり、大型企業と商店街は共同すべきである。その方法としてこれからどのようにするべきかを推考..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。